「石井久美子」さんおめでとう!

マリインスキー劇場のバレエ団として2013年9月よりサンクトペテルブルクで活躍中!

日本人バレリーナとしては初の快挙!


石井久美子さんアンケート

石井久美子さんがマリインスキー劇場入団前に

アンケートに答えてくれました。

_________________________________________

Q.バレエを始めたきっかけは

 

始めたのは小学校3年生になる少し前。

友達の誘いで体験したら先生から習い続ける事をすすめられました。

 

_________________________________________

Q.目標にするダンサーは、あるいはどんなダンサーを目指しているか?

 

 ロパートキナ、みたいな抜きん出た表現力のあるダンサー。

_________________________________________

Q.一番好きな演目は(踊ってみたい作品)

 

ライモンダ バヤデール

_________________________________________

Q.留学中困った事

 

精神的に辛かった。

ケガ→ケガをする事で、学んだ事もあった。

_________________________________________

Q.留学中嬉しかった事

 

(選抜)→留学生は出させてもらえないはずだったが

ロシア人の中に入っても役をもらえた事。

(卒業公演は卒業するすべての人が出演できるわけではないそうです)

_________________________________________

Q.これからの抱負(五年後あるいは十年後の自分)

 

マリインスキーでバリエーションを踊れるようになりたいです。

_________________________________________

Q.自分への課題

 

今の自分より日々成長したい。

_________________________________________

Q.休みの日は何してる?

 

疲労がたまっているときは休養。元気なときは自習。外には出かけない。

_________________________________________

Q.バレエ劇場の後輩の皆さんへメッセージ・アドバイス

 

自分は始めは遊びのつもりで入りましたが、そうした自分でもここまでこれました。

がんばろうと思う人は閉じこもらず前に進んでいってほしい。

先生を信頼、信用してレッスンに励んでください。

_________________________________________

Q.ワガノワ学校時代の一日・一年(生活の流れ)(どんな事を学んだか?)

 

学んだ事→表現力、精神面。

一日8時間(自習を含め)バレエにあてられていた。

毎年12月~1月にかけて

くるみ割り人形の公演→雪、花のワルツそれぞれソリスト留学生公演。

卒業公演→フレスコ

2年間留学していて2年目がワガノワの275周年にあたっていたのでモスクワでガラ公演。

ミハイロフスキーコンクールでグランプリ。(ワガノワからの作品)

ミハイロフスキー劇場 バレエ芸術監督 ナチョ・ドゥアト

 (サンクトペテルブルク旧レニングラード国立歌劇場) 

_________________________________________

Q.日本人初のマリンスキーへの入団が決まりどんな気持ちでいますか?

 

入団が決まった瞬間、今までお世話になったすべての人に感謝の気持ちが湧いた、

信じられない気持ちですが覚悟を決めてがんばりたいです。

_________________________________________

 

_________________________________________

石井久美子さんは1994年生まれの現在19歳。

東京バレエ劇場附属バレエ学校で8才から通い始め日本人初の快挙となる

マリインスキー劇場への入団が決定し、2013年9月に元気に出国しました。

今後の活躍にぜひご注目ください。

_________________________________________